合宿免許の際の荷物について

合宿免許に申し込みをした場合ですが、比較的短期間で卒業ができるとされる、普通免許のオートマチック車限定コースであったとしても、おおむね2週間程度は、現地のホテル、旅館、寄宿舎などの宿泊施設に滞在をしなければならないことになります。

そのため、合宿免許の期間を通じて、たとえば普段着やパジャマなどの着替えを準備しておかなければなりませんし、タオルやブラシ、ドライヤーなどといった洗面道具についても、やはり準備はしておいたほうがよいといえます。



もちろん、旅館やホテルが宿泊先として指定されている合宿免許の場合であれば、ある程度はこうした消耗品があらかじめ準備されている可能性がありますが、やはり使い慣れた品物があるほうが便利なことも多いというものです。

大型免許合宿の情報を集めました。

しかし、あまりにも多くの荷物を、自宅から会場であるドライビングスクールまで持参するというのは、途中の公共機関での移動を考えあわせると、なかなか気が進まないものといえます。

こうした場合に便利なのが、合宿免許がはじまる前に、あらかじめ荷物をドライビングスクールに宅配便や郵便小包などで送付してしまって、当日は手ぶらでドライビングスクールまで移動するという方法です。

ただし、合宿免許は多くの人が参加しますので、荷物には誰の持ち物であるのかや、何日に受講する分であるのかなどといった情報を、まちがいのないように書き込んでおかないと混乱のもとになります。

たいていはドライビングスクール側から案内文書などが配布されるはずですので、その指示にしたがうとよいでしょう。